<どこから?>学歴フィルターの対象となる大学を一覧化

学歴フィルターを通過できる対象となる大学は、国公立大学では旧帝大、大都市部難関大学(千葉大クラス)、地方国立大学(駅弁大学)、私立大学では早慶上智、東京理科大、MARCH・関関同立までが基準。

逆に範囲外となってしまうのが地方公立単科大学、日東駒専・産近甲龍、あるいはそれ未満の偏差値クラスの私立大学。

原則として各大学の入試レベルによって優劣が決まる。どの辺りをボーダーラインとするかは、各企業などで様々だが、おおむね上記の基準が標準的。

就職の際などで懸念される1つの選考基準になることがしばしばあるが、まだまだ健在なのは確か。

学歴フィルターで優遇される大学

学歴フィルター通過可能の対象となる大学
対象の大学群 具体的な大学名
旧帝大 東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学
東京工業大学、一橋大学、神戸大学
早慶上智 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
上位国公立大学 千葉大学、横浜国立大学、横浜市立大学、筑波大学、東京都立大学(旧首都大学東京)、埼玉大学、東京外国語大学
名古屋市立大学、名古屋工業大学、京都府立大学、京都工芸繊維大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、金沢大学
MARCH 明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学
関関同立 関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学
地方国公立大学 主に県庁所在地にある国立大学(駅弁大学)など
その他 東京理科大学、国際基督教大学など

学歴フィルターとして、就職活動の選考などで優遇されやすいのは上記の表の各大学。いずれも文系・理系は問わない。

いずれも「難関大学」または入試制度が一定の学力がないと合格できない大学に限られている。

国公立大学では、全国各地にある大半の大学が対象。

ここに入らないのは一部の公立単科大学に限られる。東大・京大などの旧帝大のような一部に限って適用されるわけではない。

私立大学ではより学歴フィルターが顕著。対象となるのは早慶上智からMARCH、関関同立クラスまでが基本。

ここには残念ながら入らないのが、日東駒専、産近甲龍クラスの偏差値上の中堅レベルの大学。

これらだと、入試においてあまり高い学力を要求されないこと、そもそも学力がなくても合格できる推薦制度が充実していることが影響している。

学歴フィルターの基準

学歴フィルターの基準に関して、これに通過できる確率を東大・京大で100%とした場合、それ以外の大学はどれくらいになるのか、以下の表にて掲載。

大学グループ 学歴フィルターの通過率
旧帝大 100%
早慶上智 100%
上位国公立 80%
MARCH、関関同立 70%
地方国公立大学 70%
公立単科大学 50%
日東駒専、産近甲龍 40%
大東亜帝国、摂神追桃 10%
Fランク大学 0%

いずれも理系・文系の各学部学科を総合的にとらえた場合を対象とする。

実際のところは、理系の学部の方が文系よりもやや有利に進むことが目立つ。

各大学ごとの事情

旧帝大

北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学

東京工業大学・一橋大学・神戸大学

東大・京大をはじめ、「旧帝大」またはこれに準ずる大学なら難関国立大学として就職市場での学歴フィルターでは優遇される。

大学名でエントリーシートによる書類選考、あるいは会社説明会の意図的な満席表示をされることはまず有り得ない。

東証一部上場の中でも超有名な企業でも、旧帝大クラスなら採用ターゲット校に値する。

学歴フィルターで引っかかってアウトになることはまずない。理系・文系いずれも同じで、就職に弱いといわれる文学部等でも不利になることはまずない。

所属する大学名は就職活動では少なからず有利に進むだろう。

早慶上智

早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学

早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学の「早慶上智」は最難関私立大学として、これらもまた就職市場での学歴フィルターでは優遇される。

同様に大学名でエントリーシートによる書類選考、あるいは会社説明会の意図的な満席表示をされることはまず有り得ない。

東証一部上場の中でも超有名な企業において学歴フィルターがある場合、早慶上智なら採用ターゲット校になるはず。

就職活動では少なからず有利になる。国立大学である旧帝大にも劣らない。

上位国公立大学

千葉大学、横浜国立大学、横浜市立大学、筑波大学、東京都立大学(旧首都大学東京)、埼玉大学、東京外国語大学

名古屋市立大学、名古屋工業大学、京都府立大学、京都工芸繊維大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、金沢大学

旧帝大には及ばないものの、国公立大学の中では難関大学として一般的に認識されるのが、上記で挙げた各大学。

就職市場での学歴フィルターでは優遇される傾向。

一部の総合商社のようなあからさまな学歴フィルターがある企業以外ではクリアできる。

大学名でエントリーシートによる書類選考、あるいは会社説明会の意図的な満席表示をされることはほとんどない。

東証一部上場の中でも超有名な企業でも採用ターゲット校に入りやすい。

MARCH、関関同立

MARCH、関関同立

MARCH:明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学

関関同立:関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学

その他:学習院大学、東京理科大学、津田塾大学、日本女子大学、東京女子大学

早慶上智の次に私立大学の中で偏差値が高くて難関と見られるのが首都圏のMARCH、関西圏の関関同立。

これと同類のクラスに分類されるとして、学習院大学や東京理科大学もある。

こちらもまた、就職市場での学歴フィルターではやや優遇されることが多い。

ただし、早慶上智、旧帝大、上位国公立大学と比べると劣ってしまう。

MARCH、関関同立のいずれも学力が求められる一般入試ではなく、勉強が多少できなくても入れる推薦入試の制度がある。

これにより、実際には勉強ができない学生も多く存在するため、企業からも特段に高い評価を受けにくい。

学歴フィルターがある企業で早慶上智、旧帝大などが多数集まるところでは不利になることも予想される。

とはいえ、それでも大学名でエントリーシートによる書類選考、あるいは会社説明会の意図的な満席表示をされる可能性はまだまだ低い。

地方国公立大学

国公立大学の中では標準的なレベルなのが地方国公立大学。大都市部ではない地方の県庁所在地に立地することがほとんど。

受験での偏差値ではそれほど高くはないものの、就職市場での学歴フィルターではやや優遇されやすい。

旧帝大、上位国公立大学と比べると劣ってしまうとはいえ、最低でもMARCH、関関同立クラスには達する。

MARCH、関関同立では勉強が多少できなくても入れる推薦入試の制度があるが、国公立大学となると学力が十分あることが大前提。

推薦やAO入試の制度があるとはいえ、これでも相当な学力が持っていることが求められる。しかも、一般入試組に比べて人数が圧倒的に少ない。

国公立大学である限り、世間的にはある程度は勉強ができるとみなされる。この点ではMARCH、関関同立よりも高評価を受ける可能性が十分にある。

大学名でエントリーシートによる書類選考、あるいは会社説明会の意図的な満席表示をされるなど学歴フィルターで引っかかる可能性は低い。

日東駒専、産近甲龍

MARCH:日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学

産近甲龍:京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学

その他:成蹊大学。成城大学、明治学院大学、南山大学、愛知大学、愛知学院大学、名城大学、中京大学

私立大学の中ではMARCH、関関同立の次に来るのが日東駒専、産近甲龍。

偏差値の面では「中堅レベル」に分類される。学力の水準は標準的。

残念ながら、この辺りからは就職市場での学歴フィルターでは対象外になりやすくなる。

勉強ができなくても入れる推薦入試の制度がある点もこれに拍車をかける。

企業からも高い評価を受けにくい。自分が所属する大学名が選考で有利に働くことはまずない。不利にはならなくても、有利にはならない。

エントリーシートによる書類選考、あるいは会社説明会の意図的な満席表示をされる可能性はやや高め。

大東亜帝国、摂神追桃

大東亜帝国:大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学、國學院大學

摂神追桃:摂南大学、神戸学院大学、追手門学院大学、桃山学院大学

その他:中部大学、名古屋学院大学、名古屋学芸大学、日本福祉大学

私立大学の中では下位とも言われるのが大東亜帝国(関東地方)、摂神追桃(近畿地方)。日東駒専、産近甲龍のワンランク下。

偏差値の面では残念ながら「下位レベル」に分類される。学力の水準は劣る。

より就職市場での学歴フィルターでは対象外になりやすくなる。

推薦入試・一般入試のいずれでも高い学力が求めれない。大学名だけで「勉強ができない」と判断されてしまう可能性がある。

ゆえに、自分が所属する大学名が選考で不利に進むことが予想される。

エントリーシートによる書類選考、あるいは会社説明会の意図的な満席表示をされる可能性が大いにある。

Fランク大学

ボーダーフリー、いわゆる「Fラン」とも言われるのがFランク大学。

学歴フィルターがある企業なら、エントリーシートによる書類選考、あるいは会社説明会の意図的な満席表示をされる。

企業の採用担当者からは、大学名だけで「勉強ができない」と判断される。

書類選考や面接選考でも、偏差値が高い大学の学生と比較すれば不利になってしまう。

主な具体例

学歴フィルターの例

学歴フィルターの具体的3つある。

  • 書類選考にて、大学名の欄に記載の学校名を基準に合否判定
  • エントリーしてすぐに不採用通知が来る
  • 会社説明会の予約画面の満席表示

書類選考で不採用

学歴フィルターが最もよく使われるのが書類選考。エントリーシートに基づいて面接に呼ぶか呼ばないかを決める地点。

合否結果の理由は学生には分からないため、一番厄介な内容でもある。

採用ターゲット校を設定している企業では、書類選考で通過できるのがMARCH、関関同立以上と決めているところが結構見受けられる。

日東駒専、産近甲龍以下の偏差値クラスの大学生が応募しても、大学名だけで不採用が決まってしまう事例がまさにこれ。

エントリー直後に即不採用通知

エントリー直後、あるいはネット上にてWebエントリーシートを提出した直後に不採用通知が来るような場合がこれに該当。

採用担当者の目で書類選考を行えば、エントリー直後に合否判定の結果を学生に送ることはない。

そのため、これが行われるのは、最初から大学名のために採用する気がない場合。

書類選考では最低でも1、2週間はかかる。翌日くらいまでに不採用通知が来た場合、それは学歴フィルターで落とされたと考えてよい。

会社説明会の予約画面の満席表示

会社説明会の予約を採用サイトから行おうとするとすでに「満席」表示がされるケースがある。

就活をしている学生でも学歴フィルターを実感できる内容の1つ。

以前には、帝京大学の学生が会社説明会の予約を行おうとしたところ満席表示となり、それを怪しんで自身の登録情報を早稲田大に切り替えたところ空席ありと表示された事例が炎上した。

大学によって満席/空席表示が別々に表示されていた有名な事例。

企業側が最初から偏差値の高い大学の学生しか採用しない方針を示した証ともいえる。

MARCH、関関同立未満の大学辺りから満席表示の対象となりやすい。

景気で左右される側面もあり、好景気では問題なくても、不景気で買い手市場となれば、このような学歴フィルターがより厳格に実施されやすい。

学歴フィルターの有無の傾向

ある企業

学歴フィルターがある企業は、まず東証一部上場企業かつ有名企業であるところ。

採用人数に対して毎年膨大な数の学生が応募してくるところで行われる傾向。

特にテレビCMを放映する企業な場合が目立つ。

テレビ番組でのコマーシャルを放映しているのは往々にして大企業かつ知名度が高いところ。

大学生の間でも広く知られていることで、そこに就職したいと考える人も増加。結果として、より効率的に選考を行うために学歴フィルターを用いる。

中堅以下でもゼロではないが

学歴フィルターがある企業でも、中堅以下のレベルの大学からの採用も完全にゼロではない場合がある。

しかし、採用者数全体で見ると難関大学出身者が大部分を占めている。

中堅校から大手企業に入社する人を細かく調べると、体育会からの入社だったり、役員や取引先が絡んだ縁故入社だったりということもあります。

人気大手企業が採用する人数はそんなに多くありません。毎年大学を卒業する人数を考えても、中堅校から人気大手企業に入るのは、確率からしても、受験勉強をし直して、トップブランド大学に入ることより難しいと思います。

東洋経済『学歴フィルター使う企業なんて無視すればいい~中堅校以下の学生はどう就活にのぞむべきか

このように、中堅以下の大学から内定を獲得したとしても、それは宝くじに当たるようなものである場合が考えられる。