【早見表】JR東日本の年収の目安を職種・年齢ごとに一覧化

JR東日本の平均年収は715万円。鉄道業界、あるいは陸運業の中では高い方に分類。

これは有価証券報告書に記載されているすべての職種及び年齢を総合して算出された金額。

実際には総合職やエリア職、あるいは事務・技術・現業などの部門によって差異がある。

過去6年間の平均年収の実績

JR東日本の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019 7,153,829円
2018 7,140,186円
2017 7,108,700円
2016 7,101,470円
2015 7,048,607円
2014 7,026,756円

上記は2014~2019年3月時点の有価証券報告書に記載された「平均年間給与」の欄に記載された金額。

どの年度においても700万円以上の金額にて推移している。

この年収には基本給のほかに、残業代(時間外手当)・休日出勤手当・都市手当(東京23区内は基本給の15%)・ボーナス・通勤手当・扶養手当・家族手当などが含まれている。

他社と比較して

同じ給料水準のJR東海

JR東日本と言えば誰もが知っている鉄道会社。特に関東・東北・甲信越地方に住んでいる人なら馴染みが一定以上はある。

有名な会社として、給料水準も高い。上場企業の中でも高い方に分類される。

鉄道業界の中では最上位クラス。収入面では不満の声は少ない傾向。(参照サイト:カイシャの評判『東日本旅客鉄道(JR東日本)の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)』)

鉄道業界の中でも、JR東海と並んで特に高い。

総合職の年齢別の年収

総合職の平均年収(900万円)

年齢 年収 月収(基本給) ボーナス
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-550万円 35-40万円 100-120万円
30-34歳 550-700万円 40-50万円 150-200万円
35-39歳 650-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 50-70万円 200-300万円
50-54歳 850-1,200万円 50-70万円 200-300万円
55-59歳 800-1,000万円 45-65万円 150-200万円

JR東日本の総合職に該当する社員の年齢ごとの推定年収の目安。事務系・技術系のいずれも総合した場合の金額。

総合職全体(年齢問わず)の年収の目安は公式なデータは公表されていないものの、推定金額は900~1,000万円と算出。

総合職(旧ポテンシャル職)は特に新卒採用の時点からJR東日本の社員として働いている人が多い傾向。

勤続年数はかなり長くなりやすく、昇進のスピードも速いことから、年収も高い水準で推移。

JR東日本の職種の中では最も高い。

事務系総合職

事務系総合職

事務系総合職の業務内容は次の通り。

  • 総務・経営企画・財務・人事
  • Suica事業
  • 列車運行
  • 国際事業
  • 鉄道営業・観光開発
  • 生活サービス
  • IT事務

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

各種手当が付く職種ということもあって、平均年収も同年代の中では高い水準に達する。

20代、つまり新卒採用で入社してから間もない時期の年収が400~500万円台。

30代は600万円~900万円ほどになる。

40代からは年収1,000万円以上という社員も少なくないレベルになる。全体でも700~1,000万円。

50代も800~1,200万円。ここも役職による違いが大きい。

子会社への出向などもあるものの、JR東日本本体に所属している限りは年収は本体と同じ。

技術系総合職

技術系総合職の業務内容は次の通り。

  • 列車制御システム、エネルギー、情報通信(電気系)
  • 輸送、車両、機械(機械系)
  • 線路、土木、建設(土木系)
  • 建築
  • IT(情報系)

技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代の年収が400~500万円台。30代は600万円~900万円。

40代からは年収1,000万円以上が出てきて、全体でも700~1,000万円。

50代も800~1,200万円。

40歳前後からは特に役職による違いが大きい。

子会社への出向などもあるものの、JR東日本本体に所属している限りは年収は本体と同じ。

エリア職の年齢別の年収

エリア職の平均年収(700万円)

年齢 年収 月収(基本給) ボーナス
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-550万円 35-40万円 100-120万円
30-34歳 550-650万円 40-45万円 120-150万円
35-39歳 600-750万円 45-50万円 120-170万円
40-44歳 700-800万円 45-55万円 150-200万円
45-49歳 750-850万円 50-60万円 150-200万円
50-54歳 800-900万円 50-60万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 45-55万円 120-200万円

JR東日本のエリア職(旧プロフェッショナル職)に該当する社員の年齢ごとの推定年収の目安。運輸系・技術系のいずれも総合した場合の金額。

エリア職全体(年齢問わず)の年収の目安は公式なデータは公表されていないものの、推定金額は700~800万円と算出。

大卒・院卒・高卒・短大卒・専門学校卒が対象で、最終学歴による違いはほぼない。

総合職(旧ポテンシャル職)に比べると給料水準は低め。

昇進のスピードは比較すると遅い。そのため、同じ正社員という形でも平均年収はエリア職は低い。

それでも他の業界と比較すると決して低い金額ではなく、むしろやや高い金額で推移する。

駅・乗務員

JR東日本のエリア職(駅・乗務員)

仕事内容は次の通り。

  • 電車の運転士
  • 車掌
  • 駅係員
  • みどりの窓口等でのきっぷ類の販売

鉄道会社の顔といえば「駅・乗務員」ではないか。駅員・車掌・運転士の職種はこれ。

若年層に当たる20代で450~550万円。30代で500~600万円。

中年層になる40代で700~800万円台、50代で800万円台が年収の目安。

一方で現場第一線が職場ということもあって体力・精神的にきついのも確か。

事務職

 

事務系エリア職に該当する仕事内容は以下が当てはまる。

  • 鉄道営業
  • 観光開発
  • 生活サービス
  • IT事務

こちらはオフィスワークが多い仕事内容で駅・乗務員とは違って現場は少ない。

その一方で勤務時間がデイタイムのため各種手当が少ない。年収もJR東日本の中では低い方に分類。

新卒採用の場合、20代で450~550万円。30代で500~600万円。

40代で700~800万円台、50代で800万円台が年収の目安。

技術職

JR東日本のエリア技術職

仕事内容は次の通り。

  • 列車制御システム、エネルギー、情報通信(電気系)
  • 輸送、車両、機械(機械系)
  • 線路、土木、建設(土木系)
  • 建築
  • IT(情報系)

保線などの土木工事、車両のメンテナンスなどが一般的にイメージが付きやすいが、これに該当するのは技術職。

若年層に当たる20代で450~550万円。30代で500~600万円。

中年層になる40代で700~800万円台、50代で800万円台が年収の目安。

基本給の傾向

JR東日本の基本給の金額の目安は以下。

20代:25-30万円
30代:45-50万円
40代:50-70万円
50代:45-70万円

総合職とエリア職のほかに、勤続年数やこれまでの昇給幅によって基本給は個人差が出てくる。

全体的な傾向としては上記のようになると推定。

なお、最終学歴(大卒・院卒・高卒・短大卒・専門学校卒)による違いはあくまでも初任給の時点に適用される。

基本給の昇給は入社後の実績等による影響が大きく、学歴で決まるものではない。

ボーナス(賞与)の傾向

JR東日本のボーナス(賞与)の金額の目安は以下。

20代:70-120万円
30代:80-200万円
40代:100-300万円
50代:100-300万円

ボーナスの金額算出は基本給をベースに出されるため、総合職とエリア職の違い、勤続年数、これまでの昇給幅によって基本給は個人差が出てくる。

同様に、最終学歴はボーナスの算出計算には用いられず、あくまでも基本給や勤務状況がベース。

2015年の実績は年間で6.5か月分。(2015年の場合、出典:東日本旅客鉄道労働組合「JR東日本の期末手当(ボーナス)の推移」より)

夏季賞与は3.1か月分、冬季賞与は3.4か月分。

ボーナスが年間で基本給の6か月分以上が出るのは、一般的な大手の上場企業であれば少なくはないものの、鉄道業界ではトップクラス。

役職ごとの年収

役職 平均年収
部長 1,100-1,300万円
課長 900-1,100万円
係長 700-900万円
20~24歳の一般社員 400-550万円

部長級

部長級は従業員の中で最上位の役職。

平均年収は1,000万円を超えることが予想される。推定では約1,100-1,300万円。

課長級

中間管理職の代名詞ともいえるのが課長。

平均年収は1,000万円を超えるか超えないかの付近。推定では約900-1,100万円。

これまでの勤続年数や実績などによって変動幅も大きい。

係長

労働者(労働組合に加盟できる従業員)の中の最高峰が係長。

平均年収は推定で約700-900万円。

新卒から定年まで働く場合、ほとんどの社員が最終的には係長クラスまでは昇進する。

年収の内訳では、係長に対する役職手当よりもこれまでの勤続年数に伴う昇給幅の方が影響。

最終学歴による違い

大卒と高卒

JR東日本の初任給は以下の通り。

総合職
修士了/ (月給)212,500円
大学卒/ (月給)194,900円
高等専門学校卒/ (月給)179,700円

エリア職
修士了/(月給)191,600円
大学卒/(月給)184,600円
専修学校(修業年限2年以上の専門課程の場合)または短期大学、高等専門学校卒/(月給)177,700円

初任給は最終学歴によって金額が違う。

院卒(修士)が最も高く、その次に大卒、短大卒・専門学校卒、高卒という順序。

ただし、上記の表はあくまでも新卒入社時点での初任給の場合。その後の年収の金額は勤続年数や実績による評価と昇給幅によって個人差が大きくなる。

最終学歴の影響は年齢が上がるごとに小さくなる。

大卒・院卒が高い傾向

ただし、年収の面では大卒・院卒の方がやや高い傾向がある。JR東日本のみならず、世間全体でもこのような流れが目立つ。

これは、総合職では高専卒以上しか採用していないため。

総合職は出世が早く、給料水準の高めであるが、ここに該当する人達が大卒以上がほとんどということで、結果的に高卒、専門学校卒などとの差が出ている。

高卒でも世間的に高い

高卒の区分の採用があるのはエリア職。年収は総合職より低めではあるが、それでも世間一般と比較すると高い水準。

世の中全体の高卒の年収は423万円。大卒・院卒の平均年収は607万円。(厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」による統計データ)

JR東日本はエリア職でも平均年収は650万円以上にはなるため、高卒でも給料水準が高いことが読み取れる。

参考文献

厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査

たくみっく『JR東日本の平均年収は約700万円! 職種・年齢ごとでも算出

就活の未来『東日本旅客鉄道の平均年収と生涯賃金